パターによって打ち方は違う?

「パターの打ち方に答えはない」なんてことも聞きますが、タイプによって打ち方は分かれます。

まず、ネオマレット系と言われるもの。パターのシャフト部分だけを板などの上に置いたときにフェースが真上を向くモデル。これはパターを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ押すような打ち方をすることで、フェースは正面を向きやすくなります。

逆に、ピン型やL字のように、同じくシャフト部分だけを板などの上に置いたときにフェースが斜めになるモデル。
これは円を描くようなストロークをしながら、インパクトで押してはいけません。同じ力感で慣性を使ってストロークをする方がフェースが正面を向きやすくなります。

コメントを残す