パターの打音や打感と距離感

パターの距離感の出し方というのは
人それぞれでしょう。

歩測する方、
歩測せず見た目の距離感の方、

テークバックやフォローの大きさの基準を決めている方、
決めずに感覚で打っている方、

パターには正解はないでしょう。

私自身は、以前は歩測もしていましたし、
歩数とテークバックの大きさを比例させて
どれくらいのテークバックをするのかを決めていました。
しかし、今は、全て感覚で行っています。
片山晋呉選手が行っているような方法に近いかと思います。

なので、パターの打感や打音は非常に重要だと思っています。
もちろん、使っているうちに慣れるというのはありますが、
イメージと違った打感や打音ですと
距離感がうまく出せません。

そういう意味で、パター選びは
非常に繊細だと思います。

コメントを残す