パッティングの際にグリーン上で旗を挿したまま

2019年本格的なゴルフシーズンが到来しました。
雪が降らない地域の方は年中ゴルフされている方も多いでしょうが、寒さに凍えながらゴルフをする必要がなくなり、体がしっかりと回るようになってきていることでしょう。また、雪国の方は、ようやくゴルフ場でのプレーを楽しむことが出来るようになりましたね。

ところで今年からルールが大きく変わりました。すでにプレーされている方は、新ルールのもとラウンドされているのですでに経験されているでしょう。
大きく変わったところの一つに、グリーン上で旗を挿したままパッティングをすることが出来ます。プロのトーナメントでも旗を挿したままパッティングしている選手が大勢います。
意外と違和感なく、というか、好んで旗をさしたままプレーしている選手もいるようです。

意外と、ターゲットを意識しやすいとか、ラインをイメージしやすいとか、プレーしやすいという選手もいます。
我々アマチュアにはプレーファーストという意味でもいいですし、慣れたら誰も旗を抜こうとしなくなるように思います。

コメントを残す