2019年モデルのドライバーの特徴

2019年モデルのドライバーが続々と登場していますが、非常に出来の良いドライバーばかりで豊作の年と言われています。

近年、PINGを中心に、重心距離を長くして、重心深度を深くした、慣性モーメントを大きくして、曲がらずに飛ばすことが出来るドライバーが多くなってきました。これまで飛距離性能をあまり売りにしてこなかったタイトリストもTSシリーズと名前を変えて、飛びを前面に出したドライバーを作ってきました。PING、テーラーメイド、タイトリストといった外国ブランドを中心に、日本もホンマ、プロギア、ブリヂストン、SRIXONもいいドライバーを出してきています。正直、どのドライバーを使っても、数年前に発売されたドライバーと比較すれば、やさしく飛ばすことが出来るでしょう。

また、このドライバーの流れがボールにも出ています。世界中で最も使用されているタイトリストのPRO V1シリーズも、飛距離性能をグンと上げてきました。ツアーボールは飛距離性能はもちろんですがスピン性能や打感など色んな要素が重要となりますが、2019年モデルはかなり飛距離性能が上がって印象です。テーラーメイドのTP5シリーズも、飛距離性能に優れ、テーラーメイド契約選手を中心に世界のトッププレーヤーに愛用されています。

コメントを残す