2019年モデルドライバーが続々と発売開始

2018年秋以降に発売される2019年モデルが続々と登場しています。

2019年モデルの特徴は、多くのドライバーがPING化してきているということ。
5年ほど前までは、各メーカーが独自の考えで、それぞれ違う特徴を持ったドライバーを発売していました。
重ヘッドで深重心・大慣性モーメントのPING。
浅重心でロフトアップのテーラーメイド。
洋ナシ形状で格好タイトリスト。
などなど。

でも、2019年モデルのドライバーの多くが、深重心で大慣性モーメントのPINGのようなドライバーになってきました。
例えば、タイトリストTS2ドライバー。大きく変えてきましたね。もう操作性の高いドライバーなんて死語となってくるかもしれません。大きなネック軸回り慣性モーメントでひたすらストレートボールを打ちやすいドライバーになりました。

特注品/11月初旬以降発送予定 タイトリスト TS2 ドライバー メンズ TitleistKUROKAGE50 カーボンシャフトモデル [2018TS2]

それに対して、ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーは、独自路線を歩んでいますが、非常に良いドライバーを作ってきました。最近、人気がなかったブリヂストンですが、今回のドライバーは非常にいいですね。
浅い重心で重心距離が短く慣性モーメントが大きくないドライバーは、大手のメーカーでは唯一と言ってもいいのではないでしょうか。ヘッドを開閉しやすくインパクトでしっかりとフェースが戻ってきてくれます。それでいて筋金が効いているのかストレート性能が高い。
日本人のプロを中心にとても評価が高く、すでに使い始めているアマチュアからも絶賛されています。

ブリヂストン ツアーB XD-3 の詳細はこちら

これから発売されるモデルとして注目しているのがMグローレ。
日本人向けに作られたテーラーメイドのドライバーですが、これまでのモデルはシニアプロや女子プロ、トップアマからすべての日本人ゴルファーに絶賛されてきました。
今回は、そのグローレに、M3やM4に搭載されて世界中で話題になっているTWIST FACEとハンマーヘッドが組み合わされました。
実は現在グローレF2ドライバーをエースとして使っている私。Mグローレの発売開始10月26日が待ち遠しいです。